ブログ

空き家をリノベーションして「さとやまオフィス」オープン

メンバーズエッジと福井県鯖江市が協力

株式会社メンバーズの子会社である株式会社メンバーズエッジは、福井県鯖江市の空き家をリノベーションし、「さとやまオフィス」として4月2日にオープンさせた。

(画像はプレスリリースより)

「さとやまオフィス」特長

「さとやまオフィス」の元になった空き家は、20年前まで2階建ての旅館として使われていた。この旅館をオフィスとして生まれ変わらせたのである。

リノベーションの際には、地元の伝統工芸職人グループ「福井7人の工芸サムライ」の協力を仰ぎ、眼鏡や漆器など地場産業の素材・技術を内装の一部に活用した。

オフィス内には、コミュニティースペースが設けられている。同社のエンジニアと地元の職人やデザイナーなどが交流するためのスペースだ。地域との交流を深めることで、エンジニアの生産性向上や地域との連携機会の創出を狙う。

オフィスのコンセプトは、「OLDK(Office Living Dining Kitchen)」、暮らすように働くということである。リモートワーク環境完備など機能性を重視した執務室のほか、ダイニングルーム、リビングルームがある。社員同士で昼食を作ったり、仕事の後にお酒を楽しんだりすることができる。

株式会社メンバーズエッジ プレスリリース
http://www.members.co.jp/

このページの先頭へ