ブログ

会津美里町が空き家管理の推進に関してシルバー人材センターと協定書締結

空き家オーナーが遠隔地在住でも対応可能に

福島県大沼郡の会津美里町が、2018年5月16日に公益社団法人会津美里町シルバー人材センター(以下「会津美里町シルバー人材センター」)と「空き家等の適正管理の推進に関する協定書」を締結し、調印式を行ったことを発表している。

(画像は会津美里町公式ページより)

会津美里町によると、これまでも会津美里町シルバー人材センターでは敷地における草刈りなどといった空き家サポート業務を行っているが、今回の協定書締結により空き家オーナーが首都圏などの遠隔地に住んでいる場合でも対応可能になったとのこと。

報告書を郵送

会津美里町シルバー人材センターによると、空き家サポート業務における基本サービスの料金は税込みで1回2,000円。

基本サービスの内容は、目視による建物の屋根や外壁などの状態に関する異常の有無についての点検や郵便受け内の確認など。作成した報告書は郵送してくれるという。

オプションとして敷地内の清掃や草刈りなどがあり、こちらは事前見積もりを行った上で実費で対応可能とのこと。

町シルバー人材センターと「空き家等の適正管理の推進に関する協定書」を締結
http://www.town.aizumisato.fukushima.jp/s043/akiya/

空き家サポート業務のご案内
http://fukushimaren.sakura.ne.jp/aizumisato/?p=370

このページの先頭へ