ブログ

大阪で住戸リノベーションプラン事業提案競技の参加者募集

住戸リノベーションプランの事業提案競技の参加者を募集

大阪府住宅供給公社では、2018年5月17日より、住戸リノベーションプランの事業提案競技の参加者を募集開始した。堺市・寝屋川市・吹田市の団地を舞台に、若年層をターゲットにしたプランを、広く民間事業者から募集している。

(画像はプレスリリースより)

空き家の増加や高齢化の進む高経年団地に若年層を

この募集のねらいは、高齢化が進み空き家の増加が目立つ高経年の団地に、子育て世帯や若年夫婦といった若年層を呼び込むことだ。2014年度より、民間事業者のリノベーションのノウハウを活用し実施しているが、これまでのところ、全て好評である。そこで、これまで対象としていた堺市と寝屋川市に加えて、今回、吹田市の団地も加わることになった。

事業提案競技では、堺市・寝屋川市・吹田市にある公社の各団地に最優秀作品提案者を選び、契約を結んで、設計・監理・施工・あっせんに取り掛かることになる。

若年層向けの新しいアイデアに期待

今回の事業提案競技では、次のようなアイデアが期待されている。例えば、子育て世帯が長く住み続けることができるものであること、2世帯同居に配慮されたものであること、多様なライフスタイルが実現できるものであること、などである。

また、団地の雰囲気を生かしたデザインや、話題性のある提案も期待されている。

応募締切りは6月27日。7月中旬には最優秀作品を選定し、8月上旬には工事に取り掛かる。その後、2018年秋頃から入居者募集を開始する予定だ。

事業提案競技の参加者を募集開始 子育て世帯や若年夫婦などの若年層向け住戸リノベーション
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000019188.html

このページの先頭へ