ブログ

東急電鉄 東京都の空き家活用プランにコーディネーターとして選定

「起業家による空き家活用モデル事業」のコーディネーター事業者

東急電鉄は、東京都が空き家を活用した事業プランをたてる際、空き家物件に関する相談窓口を民間事業者から募集した「起業家による空き家活用モデル事業」のコーディネーター事業者に選定したと、6月18日プレスリリースで発表した。

(画像は東急電鉄ホームページより)

鉄道会社としては東急電鉄1社のみ選定

2018年度から開始する「起業家による空き家活用モデル事業」を策定した東京都のプランで、コーディネーター事業者の1社に東急電鉄が選ばれた。

採択事業者として7社が選ばれたが、5社は不動産業であり、鉄道会社としては、東急電鉄1社のみであった。

東急電鉄は、6月18日から「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ」を通じて、起業家からの相談対応を開始する。

東京都内でも、全国的に問題となっている空き家は今後も増加が見込まれるとあり、空き家の利活用を試みる起業家を支援し、問題解決に繫げる「起業家による空き家活用モデル事業」は、都内に約82万戸ある。

東急電鉄が選定された「コーディネート事業」は、起業家からの相談対応と、空き家物件の紹介や、空き家所有者との結びつけなど、起業家の事業を実現するためにサポートをする。

2009年から、有資格者が不動産関連の相談をワンストップで紹介する無料サービスを開始しており、現在は5店舗を展開し、年間の相談件数は約1万件となる。

2016年12月から2018年3月まで「東京都 平成28年度 相続空き家等の利活用円滑化モデル事業」に選定された実績もあり、数多くの相談にも対応。

更に5月21日には「東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業」にも選定され空き家の利活用事業などに取り組むなど、積極的に活動している。

「起業家による空き家活用モデル事業」のコーディネーター事業者としての窓口は、都内の目黒店と二子玉川ライズS.C,店で相談を受け付ける。

今後は「東急アクセラレートプログラム」と連携し、空き家情報提供の支援も予定であり、今後も他の企業との提携や連携により空き家問題解決を含め、さらなる沿線価値向上を目指し取り組んでいくとしている。

東急電鉄 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000283.000010686.html

このページの先頭へ