ブログ

「丹波市空き家等対策審議会委員」の募集を開始

空き家の適正な管理や利活用に関する策定審議する機関

兵庫県丹波市は、丹波市空き家等対策審議会に出席し、意見や提案をする「丹波市空き家等対策審議会委員」の募集を開始したと、6月18日市のホームページで発表した。

(画像は丹波市ホームページより)

空き家の利活用や抑制に意欲的な人を2名募集

「丹波市空き家等対策審議会」とは、丹波市内の空き家などの適正な管理や利活用に関する総合的な施策を策定審議する機関であり、安心・安全なまちづくりと、市民の生活環境を安全に守るために設置。

空き家等を適正管理することにより、家屋の倒壊等による事故や、空き家に侵入するなどの犯罪や、不審火による火災などを未然に防ぎ、空き家を有効な資源として有効活用しようと規制と活用に積極的に取り組む。

この「丹波市空き家等対策審議会」の運営は、建設部住まいづくり課の他に、地域の代表者や識見者などで構成されており、市民の意見を反映されるためにも、「丹波市空き家等対策審議会委員」の募集をした。

募集人数は2名で、平成30年6月15日現在、丹波市に住所を置く市民、市内の事業所や学生であり、空き家の活用や抑制に関心のある人、年に3回から4回、平日の昼間の会議に出席できる人などとあげられている。

また、「空き家問題の現状課題と問題解決のアイデア」をテーマとする作文を800文字程度で作成し募集期間内に提出する必要がある。

募集期間は平成30年6月15日(金曜日)から平成30年6月29日(金曜日)までとなっている。

丹波市ホームページ
http://www.city.tamba.lg.jp/soshiki/sumai/akiyaiin.html

このページの先頭へ