ブログ

豊川市、秋や対策の一環「空き家バンク」開設

空き家を有効利用したい

愛知県豊川市では、増加する空き家対策の一環として空き家バンクを3月中に開設を予定にしている。

(画像は豊川市ホームページより)

豊川市では、市内の空き家の有効活用することで地域の活性化、定住を促したいと考えている。

昨年の調査を生かした取り組み

豊川市では、豊川市全域を対象に「平成28年度に市内の空き家実態調査」を実施し、空き家が1,069棟あることが分かった。実態調査結果を素にし、平成29年度、市が取り組むべき空き家対策の基本的な考え方を示した「豊川市空き家等対策計画」を作成した。

その一環に空き家バンクが開設される。

市のホームページから閲覧できる

同市の空き家バンクを開設には、協力不動産業者(愛知県宅地建物取引業協会)と連携し売却または賃貸を希望する空き家の情報を集約し市ホームページなどに公開する。豊川市では、市内に売却または賃貸を希望する空き家を持っている人は、建築課に相談して欲しいとのことだ。

空き家バンクへの登録費用は無料

空き家バンクへの登録費用は無料となっており、希望する人は「豊川市空き家バンク登録申込書」と「豊川市空き家バンク登録カード」、「豊川市空き家バンク公開カード」に記入し、建築課まで提出すれな、市のホームページに物件情報を記載してくれる。

豊川市報道発表
http://www.city.toyokawa.lg.jp/

このページの先頭へ