ブログ

空き家活用のふくろうの会事業部がAIKIYAと共同でシェアハウスをオープン

2018年3月から「リバ邸Books」を運営

一般社団法人ふくろうの会シェアハウス事業部(以下「ふくろうの会シェアハウス事業部」)が、AIKIYAと共同で、シェアハウス「リバ邸Books」を2018年3月から東京都練馬区にオープンすることを発表している。

(画像はプレスリリースより)

ふくろうの会シェアハウス事業部では、空き家を活用したシェアハウス事業を埼玉県中心に展開。AIKIYAはWEBサイトの制作や運用、集客などを行っており、今回のシェアハウス「リバ邸Books」で初めてシェアハウス事業に取り組むという。

コンセプトは文化と学び

文化と学びをコンセプトにしているという「リバ邸Books」は、大泉学園駅から徒歩10分という場所にある古民家に全面的なリノベーションを実施したシェアハウス。

住民には人文学に興味がある人を広く募集することで、学校を卒業した後も互いに学びや研究、アウトプットが可能な場にしていくほか、すべての創作および文化活動を支援。出版業界やネットメディアと連携することも視野に入れており、ウェブサイトやSNSで発信をサポートするとしている。

【文化と学び】がコンセプトの「リバ邸Books」がオープン!
https://www.296house.com/296house/importance/

このページの先頭へ