若い世代からのニーズ急増!一戸建て賃貸

需要高まる一戸建て賃貸

転勤族、新居建築、改築時の暫定貸しの印象が強い一戸建て賃貸ですが、ライフスタイルの変化やシェアハウス人気の高まりに伴い若い家庭やリタイア後の高齢者、賃貸住宅を定期的に借り換えたい若者からのニーズが高まっています。しかし投資効率の観点からはマンション、アパートを運用した方がメリットが高いとされるため供給される一戸建て賃貸の戸数は少なく、賃貸住宅市場の1.6%程度と言われています。

しかし投資利回りは新築して賃貸運営する際に検討をする事項です。すでに一戸建てを所有しており誰も住んでいない空き家状態であれば賃貸市場へだすことにより収益を得ることも考えましょう。

アパート、マンションの稼働率は年々低下、人口の減少も続いている中で賃貸市場は苦戦を強いられていますが、一戸建ての賃貸物件の稼働率96%以上の高い水準で推移しています。一戸建て賃貸の人気が高まってきているのはなぜでしょうか?

人気の理由

シェアハウス、テラスハウスなどが有名になり一戸建てに住んでみたいという若い世帯が増えており、賃貸市場ではマイナーな部類だった一戸建て賃貸が注目され始めました。不動産会社も一戸建て賃貸は儲からない物件と考えており賃貸市場に出回ることが少なかったものの、近年は積極的に紹介を行なうようになりました。

人気があるのはもちろんですが、一戸建て賃貸には借主、貸主双方に様々なメリットがあり、空き家であってもしっかりプロモーションを行えば収益を生むことが可能です。

貸主の一戸建て賃貸のメリット一覧
  • 市場価値が集合住宅ほど立地に左右されない
  • 入居期間が長いため一度契約ができれば長期的な収入が見込める
  • 供給が少なく需要が多いため契約が決まりやすい
  • 通常の賃貸より割高なため比較的属性の良い借主が多い→契約トラブルが少ない
借主の一戸建て賃貸のメリット一覧
  • 集合住宅のような騒音トラブルが少ない
  • ペット可の物件が多い
  • 構造上窓が多く、風通しや日当たりが良好
  • 通常の賃貸より割高なため比較的属性の良い借主が多い→契約トラブルが少ない
  • 駐車場、庭付きの物件も多くガーデンニングが可能
  • 現状復帰が不要な物件が多く自分好みに改装することが可能

契約の注意点

賃貸借契約には「普通借家契約」と「定期借家契約」の2種類があり、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で貸し出す必要があります。

「普通借家契約」は借主に有利な契約で、借主に借りる意志がある限り更新など関係なく住み続けることが可能な契約です。貸主が返して欲しいと申し出ても借主が住み続けると言ってしまえば契約解約は不可能な契約です。

「定期借家契約」は2~3年間の貸主が期間を定めた契約で、期間経過後に必ず契約終了となる貸主に有利な契約です。借主が住み続けるには契約終了前に貸主に次の契約の申請を行い借主が承諾する必要があります。借主からすると長期間借りたい場合には向いていないため普通借家契約と比較して契約が決まりにくいことが多く、通常の賃貸相場よりも割安な賃料設定をしないと契約が決まらないことが多いです。

  普通借家契約 定期借家契約
契約期間 2年契約
※1年以上であれば可
貸主が設定
契約終了後に確実に明け渡し
更新 正答な事由が無い限り更新 更新の無い契約
貸主、借主双方の合意があれば再度契約可能
貸主からの解約 正答な事由が無い限り不可 中途解約不可
借主からの解約 中途解約条項を定めることが可能 住み続けることが困難になった場合のみ解約可能
※延床面積200平方メートル以下の契約限定
その他 貸主、借主は賃料の増減額請求が可能 1年以上の契約の場合貸主は契約満了の1年前~6ヶ月前の間に契約終了通知を行なう

エリアに合わせたプロモーションができれば今まで眠っていた空き家が毎月賃料収入を生む可能性もありますので、家財整備から運用方法まで一度ご相談下さい。

CONTACT

ご相談・お見積りは無料です。
空き家のことならなんでもお気軽にお問い合わせください。

問題解決・収益化プラン
このページの先頭へ