人気急上昇のシェアハウス運営

空き家→シェアハウスの転用事例紹介(提携業者実績)

  • before
    シェアハウス事例(1)before
  • after
    シェアハウス事例(1)after
  • before
    シェアハウス事例(2)before
  • after
    シェアハウス事例(2)after

空き家のシェアハウス転用

シェアハウスとは1戸または1居室を複数の居住者がシェアする新しい居住スタイルです。

自身の居住スペースとは別の共有利用スペースがあり、一人暮らしでは味わえない同居人との交流、広い共有スペースが魅力です。

50戸以上のマンション、アパートを活用した大型集合住宅型のシェアハウスでは大型スクリーンやビリヤード、ダーツが楽しめるプレイルーム、音楽スタジオを完備しているような物件もあり住民同士の交流が活発です。

近年の空き家増加、シェアハウスの認知度向上により一戸建てをリフォーム、リノベーションしてシェアハウスとして運用するオーナー、専門業者も増えてきました。

ページ上部のビフォー&アフター画像ではリフォームにより綺麗なシェアハウスとして生まれ変わった空き家を紹介しております。

通常の売買、賃貸ではなかなか引き取り手がいない場合でも「シェアハウス」という新しい選択肢を視野にいれることにより物件の収益化、有効活用が可能となります!

個性豊かなシェアハウス運用

シンプルなシェアハウス以外にも、個性豊かなシェアハウス運用が生まれています。本ページではペットとの同居に力を入れたシェアハウスと国際交流を目的としたシェアハウスの2つの運営方法について紹介します。

ペットとの共生をテーマにしたシェアハウス

空き家をリニューアルしてペットの匂い成分を分解する特殊施工、ペットの洗い場完備など通常では出会うことのできないペット共生に特化したシェアハウスに転用することが可能です。

ペット同居可能なシェアハウスは居住者同士で飼育に関する情報交換ができたり、充実した設備が魅力的で近年人気が高まっています。ペット同居型シェアハウスをブランディングしている提携業者もおりますので導入に関して気軽にご相談下さい。

少子化が進む中で犬・猫といったペットの数は安定的に推移しており今後もペットと共に暮らせる物件のニーズは高まっていくと予想されます。

オーナー希望の方、入居を検討される方どちらからの相談もお待ちしております。

国際交流、教育を目的としたインターナショナルなシェアハウス

留学生などの訪日外国人と国際交流に興味がある日本人のシェアハウス運営。

日本に居ながら留学体験ができるとして近年人気がでてきており、お子様を海外に住まわせるのに不安を感じる保護者からの問合せも多い。

シェアハウス業界では珍しい「教育」がテーマの運用形態で、今後のインバウンド需要とも相まって運営物件数も増えていくと予想されます。

通常の運営とは異なる専門知識、スキームが必要なためシェアハウス運営初心者にはハードルが高いため事前に当社専門スタッフと相談下さい。

シェアハウスに関する規制合理化、法整備

シェアハウス人気、需要の高まりに対して国交省、東京都は規制の合理化、法整備を進めました。

国交省の「シェアハウス」=「寄宿舎」に該当といった正式見解について

国土交通省は平成25年9月に「シェアハウス」や「グループホーム」は建築基準法上の「寄宿舎」に該当するといった見解を発表しました。

寄宿舎に該当することにより建築基準法の防火・耐火性能に関する条項、採光・換気に関する条項、窓先空地の設置、都内であれば東京都建築安全条例の一定の空き地に関する条項などの設備基準をクリアすることが要求されますが、当時のシェアハウスはほとんどが一定基準を満たしていないいわゆる脱法ハウスでした。

規制が掛かることより戸建てからのシェアハウス転用が困難となり新規参入が厳しくなったり、基準を満たすための設備投資による負担増加によって廃業する業者も目立ったため規制緩和する必要性が浮上、平成26年11月には規制緩和を行なうとコメントするに至りました。

「寄宿舎等における間仕切り壁の防火対策の規制の合理化」

シェアハウスが寄宿舎に該当するとしたことにより空き家などの既存住居の活用にブレーキが掛かってしまうことを問題視した東京都は「東京都建築安全条例に基づく寄宿舎に係る建築基準等についての見直しの考え方」を発表しました。

「防火上支障が無い部分の要件を満足する建築物」または「防火上主要な間仕切壁を設置するほか、火災に早く気づくことのできる措置を講じた建築物」が対象となり、延べ面積、階数、寝室数などから「戸建て住宅と同様の形態」と「マンションの住戸と同様の形態」に分類し、寝室単位ではなく「戸建て住宅と同様の形態」であれば各階ごと、「マンションの住戸と同様の形態」であれば1住戸ごとなど一定区画単位で適用を行なうこととなりました。

「戸建て住宅と同様の形態」であれば窓先空地についても屋外通路で代用するか、述べ面積100㎡以下、2階以下、寝室数が6以下といった小規模物件であれば窓先空地は不要となるような規制緩和が行われました。

シェアハウスに関する問い合わせに関して

本サイトを通じて「シェアハウス候補物件」「シェアハウスを運営したい業者様」のマッチング、シェアハウス転用に関するアドバイス等を行っております。

オーナー希望の方、入居を検討される方どちらからの相談もお待ちしております!

CONTACT

ご相談・お見積りは無料です。
空き家のことならなんでもお気軽にお問い合わせください。

問題解決・収益化プラン
このページの先頭へ